診療内容
一般診療
歯周治療
予防歯科
小児歯科
口腔外科
インプラント
審美歯科
メタルフリー
治療
矯正歯科
スポーツ歯科
いびき治療
診療内容




アレルギーでお悩みの方へ・・・

  それは、金属アレルギーかもしれません・・・

溶け出して変色した歯科金属
金属アレルギーはネックレスやピアスなどの金属装飾品が原因とは限りません。



今迄 あまり知られていませんでしたが、口腔内の金属の存在が、実は金属アレルギーを発症させている場合があるのです。 口腔内に金属アレルギーの原因がある場合、金属イオンが体内で少しずつ蓄積されるので発症が遅く、原因の特定もしにくいようです。言い換えれば、現在金属アレルギーを発症していない方でも、今後発症する可能性があるということです。

最新の歯科医学は、体に優しい、
より自然な材料でメタルフリーの治療を行い、審美的にも自然な美しい治療を推奨し、これらの結果、アレルギー治癒への可能性も教示しています。

お口の中から金属を排除して、健康にも審美的にもより良い治療を目指しましょう!







・金属が原因のアレルギー

 アレルギーは体質や年齢などによる個人差が大きく、症状も様々なので原因の特定が困難です。
金属アレルギーの最も多い患者層は40代の女性です。
理由は長期間にわたってネックレスやピアスなどの装飾品を身につけ、金属粒子を含んだ化粧品を使用してきたために、体が感作されてしまったのではないかという説が有力です。装飾品によるかゆみやかぶれなどの皮膚症状は気付きやすいので、原因も特定しやすくなります。

 金属アレルギーの発現頻度は装飾品による場合が多く、口の中の金属の発症比率は少ないといわれるのですが、実は
歯科用金属の場合には慢性的な症状が続き、明確な症状が出ないため、金属の体内蓄積が進んで状態が悪化する危険性があります。アマルガム(水銀)保険の銀歯(ニッケル、コバルト、パラジウム)特にアレルギーをおこしやすいのですが、比較的少ないと言われる金合金であっても、近年アレルギーを起こす可能性が報告されています。
又、花粉アレルギーのように原因となる物質に接触して短期間に症状が出るタイプとは異なり、
遅延型のアレルギーと呼ばれ、金属に接触してからすぐに症状が出るタイプではありませんので、原因が口の中の金属とは思わずに悩む方も多いようです。

ポイント

アレルギーにお悩みの場合は、装飾品だけでなく歯の詰め物や食品、飲料水など生活環境全般を見直すことが必要です。医療機関を受診する際には、皮膚科、内科、歯科など多角的な見地から検査や治療を受ける必要があります。

アレルギーでお悩みの方は一度、別の角度(歯科)から治療してみませんか。Dr.Honma&Team H.D.C. は、口腔内をメタルフリ−にして、手指や頸部のアレルギー症状が劇的に治癒したケースを何度も経験しております。







・歯科金属アレルギーについて・・・

 私たちは飲料水や食品の重金属汚染には敏感ですが口の中の金属には意外に無頓着です。
日本の保険制度の下で使用される、
歯科金属の多くはイオン化して溶け出しやすく、唾液、口腔細菌、血液などのタンパク質と結合して抗原性(アレルギー性)を持つようになります。

・歯肉や境目の部分が黒ずんでいる
・入れた時はピカピカだったのに色がくすんできた
などは金属イオンが溶け出しているケースです。

 口の中の金属は帯電しやすく、イオン化傾向の違う異種金属が存在するとガルバニ電流と呼ばれる微弱電流を生じて脳活動を混乱させたり、頭痛や関節痛を憎悪させたりします。口の中の金属によるアレルギーの危険性はピアスやネックレスによる感作によって発症しやすくなりますが、発症しない場合でも長い期間にわたる金属の体内蓄積によって身体的リスクが増大します。又、重度の歯周病や口内炎などでお口の中の炎症状態が慢性的に続いているような環境などでは金属がイオン化しやすいという報告もあります。

 現時点で最も懸念されている事は、口の中の金属によって免疫力が低下し、老化や発癌が促進されてしまうのではないかということです。 しかしながら現実問題として、歯科用合金を全く使用しない歯科治療は困難ですから、患者さんの体質に合わせた慎重な素材選択が必要になります。

チタンは安全性の高い材料ですが、更に安全性そして生体親和性のあるのがジルコニアです。

 失われた歯を回復する場合には、
チタン製インプラント(人工歯根)セラミックの人工歯冠が安全な選択といえます。又、欧米ではジルコニア(人工ダイヤ)インプラントも使用開始しており、チタンの代わりにこれらの使用も実用化の段階です。

 ジルコニア(酸化ジルコニウム:ZrO2)は、ジルコニウム(Zr)が酸化した白い粉末状のセラミックです。耐熱性や生体親和性などを持つことから近年注目されている材料です。身近なものとしてファインセラミックの白い包丁やスペースシャトルの外壁に使用されたりしています。

Dr, Honma は既に、(独)Z-Systems 社がスイスで開発製作したZ−Systems Evo-SLMインプラント というジルコニア製インプラントを、同社の国内初の指導認定医ならびに認定医療機関として応用開始しております。又、同インプラントシステムの日本国内での指導医療機関として、
ジルコニア・インプラント・アカデミーを設立し、日本国内での正しい普及と育成に、尽力しております。金属アレルギーを危惧なされる方は、メタル フリー インプラントで、(EU及び米国(FDA)認可のもと既に欧米では20,000例以上も行われている) ジルコニア インプラントZ−Systems の日本国内のパイオニアであるDr, Honma に御相談下さい。







・ノンメタル治療 〜金属を使わない、身体に優しい、アレルギーフリーな歯科治療〜



審美的、生体親和性共に最も優れている材料です。
根の治療が終わった後に立てる土台を
ファイバーコアー(ガラス繊維強化樹脂)で作製し、オールセラミックを選択すれば、色や透明感が天然歯と区別がつかないほど美しく、金属によるアレルギーや電気発生の問題は一切ありません。強度もジルコニアという天然素材の補強で金属レベルまで向上しています



セラミックと同様に審美的、生体親和性がとても高い材料です。又、セラミックと比べて多少ですが治療費を抑えることができます。短所は長年使用していると若干水分を吸い込むためにおこる若干の変色の可能性です。強度はフレームにファイバーを使用することでかなり向上しており、セラミックに見劣りしないレベルに近づいております。









歯並びは良いが虫歯や先天的な理由で歯の色を直したいという方には、ラミネートベニアという方法があります。
こちらは歯の表面を薄く削り、セラミックの板を貼る事で見た目を回復することができます。



エナメル層を
一層残して
薄く削ります。
型を取って
セラミックの板を
作成します。
セラミックを
特殊なセメントで
貼ります。








※アマルガム充填剤

以前は日本の健保適応材料であったものです。 現在は使用禁止になっています。

アマルガムには、約50%水銀が含有されています。
口腔内に溶解した水銀は、口腔内バクテリアと結合して有機水銀となります。
これは、癌、膠原病、アレルギー精神疾患といった全身の様々な疾患の原因になりますので、アマルガムの除去治療をお勧めしております。



小さなアマルガムならこの様に1回の治療で綺麗になります。
大きなアマルガムの場合、型を採って模型を作製し、窩洞にあった修復物を詰め直します。







最新の技工設備 CAD/CAMシステム

(医)本間歯科では、最新のドイツ製CAD/CAMシステムを導入しております。
天然歯に近い色調と性質を持ったセラミックブロックからコンピューターを使用して修復物を削り出すことの出来る最新の歯科技工器材です。

優れた審美性や耐久性に加え、アレルギーや金属による酸化の心配がないオールセラミックで実に美しい被せ物や充填物が作製出来ます。








前歯2本をCAD/CAMシステムで作成

ファイバーコア オールセラミック