診療内容
一般診療
歯周治療
予防歯科
小児歯科
口腔外科
インプラント
審美歯科
メタルフリー
治療
矯正歯科
スポーツ歯科
いびき治療
診療内容




生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には、虫歯菌がいないことを知っていますか?
このことは、どんなに甘い物を多く食べても、虫歯にならない事を意味します。

虫歯菌は、赤ちゃんの可愛さのあまり、お父さんやお母さんがチューをしたり、お母さんが味見をした後のスプーンで食べさせたりすると、お母さんのお口の中から、赤ちゃんのお口の中へとうつってしまうのだとも言われています。

しかし、だからといってその様な事を避けるのは困難なので、小さいうちから歯磨きの習慣をつける事が大切なのです。
糖分の多い食品をだらだら与えない事も重要ですが、歯磨き習慣を幼いうちからしっかり教えておく事が将来にわたる習慣として重要な事柄です。
小学生になると、歯磨きを一人でさせるお母さんも多いようですが、実際は小学校に入学する6歳前後は混合歯列と言われ、乳歯から永久歯に生え変わる大切な時期です。
まだうまく磨けないうちに、永久歯でもある6歳臼歯という溝の深い奥歯が萌出してくるので、この6歳臼歯を虫歯にしてしまうお子さんはとても多いのです。

小児歯科と予防外来は密接に関係していて、フッ素塗布やシーラント、歯磨きの改善など、虫歯の予防方法も様々あります。
担当医・スタッフは保護者の方への指導から、お子様への指導、その他何でもご相談に乗ります。
是非、お気軽にご相談下さい。