診療内容
一般診療
歯周治療
予防歯科
小児歯科
口腔外科
インプラント
審美歯科
メタルフリー
治療
矯正歯科
スポーツ歯科
いびき治療
診療内容




成人の80%が罹患するといわれる歯周病・・・
歯周病」とは、歯の表面についた歯垢中の細菌が、歯を支えている骨(歯槽骨)を破壊させる進行性の疾患で、
歯槽膿漏」とも呼ばれています。

歯肉からの出血や、歯がぐらぐらしていたら、それは歯周病の可能性があります。
歯周病治療は、原因である歯垢と歯石を取り除き、歯肉の炎症を抑える事を目的とします。

歯石とは、歯肉の上に付く「歯肉縁上歯石」と歯肉の下に付く「歯肉縁下歯石」に分けられます。
ここで、歯周病の原因になるのは、見えない部分に付着する「歯肉縁下歯石」です。
この歯石は歯肉の下に隠れています。従って気が付かない人が大半でしょう。
歯根の深いところに付いている場合には、除去するのに麻酔が必要な場合もあり、又あまりに歯肉が増殖し、歯肉と歯根の境界部分いわゆる歯周ポケットが深い場合は、必要に応じて歯周外科治療を行ないます。

歯周病治療はこのような歯科医による治療だけでなく、自宅でのメンテナンスも重要です。
痛くなってから来院するのでは、かなり進行してしまった後なので、正しい歯磨きの仕方を見に付け、定期検診に通うことが何よりも大切なのです。

又 近年米国では、歯周病菌が全身病の誘発因子になっているとの論文が発表されて、にわかに歯周病治療の重要性が問題視されるようになりました。
何しろお口の中に存在する細菌は食物と一緒に体内に入って行き、悪さをする事は大いに想像できる事で、
それらが学術的に証明された論文が多く発表されてきているのです。

従って、糖尿病や心臓病・腎臓病など多くの全身疾患が、重症の歯周病疾患で更に悪化させているケースが多いらしいのです。
これらの疾患を持っている方は、まずお口の中を清潔にして歯周病治療を可能な限り治療しておく事をお勧めいたします。